MENU

栄養医学パラダイムの確立

米国発祥の栄養医学を、DML医師グループの臨床実績 および 医師Gが開発する検査システム+治療方法をもとに最適化し、我が国における医療技術として確立/普及します。

DML検査システムの開発

個人差著しい食物不耐症およびLGS/SIBOの原因 : 未消化物の素 (食物) を特定。腸内フローラ改善, 糖質/脂質/タンパク質 (低分子ペプチド) の摂食行動を診断/処方します。

食のキャンプ /HTECの開設

未消化物こそ不定愁訴/慢性疾患の根本原因と認識し、この一掃を目的に医療的空腹を作り/治療 および摂食行動を確定する食のキャンプを開設します。

DML発足にあたって

ダイジェスト・メディカル・ラボ(以下DML)の前身である日本栄養医学食養協会 (以下JANMF) は、栄養医学のパイオニア J.ライト先生の薫陶を本場/米国にて受けた…故・佐藤章夫先生が設立した一般社団法人でした (平成28年)。そのMission/使命は : 栄養医学の核心 ‘薬でなく食で治す’ 正しい摂食行動の普及でした。

患者志向の栄養医学を志す医師の母胎: (財)腸内フローラ移植臨床研究会は佐藤先生と生前に交流がありました。JANMFは、この医師グループをサポート…医療としての栄養医学を確立する事が使命を全うする事と考え、医師グループと協働し、新生DMLとして発足させる運びとなりました。

 

DMLが継承する資産
 A.JANMFが佐藤先生から継承…テキスト化した栄養医学パラダイムを確立   
 B.栄養医学/医師グループの臨床実績 および 医師Gが開発する検査システム+治療方法

 

DMLのMission/使命:DMLが継承した資産を統合/最適化し、医療技術としての栄養医学を確立します。

I.臨床/診療パラダイムを確立: DML栄養医学/診療技術体系 (以下DML栄養医学/診療) を確立
II. 検査システム+サプリ/ブランドを開発: DML検査システムおよびDMLサプリ/ブランドを開発
III. ソリューション/摂食行動パラダイムを確立: ’DML食のキャンプ’ 開設 (以下HTEC : How To Eat Camp)
IV. 臨床理論(I)+ソリューション(II)を凝縮 :⇨ DML栄養医学のコンテンツとして:医療, ブランド, HTEC, DML および 医師G をブランディングします。

DML Members

鳥居裕一朗
代表理事(M.D.)
チーフ・メディカルオフィサー/CMO
大阪市立大学第3内科入局(‘87), 消化管/肝臓疾患を研究。大阪/藤井寺で二代目院長を務める。DML統括:医師の総意を実現します
田中 善
相談役理事(M.D./Ph.D.)
メディカルオフィサー/MO
鳥取大学医学部卒(’80), 大阪大学/第一内科入局 Ph.D授位。FMT等に取り組む。DML医師共通の臨床プロトコル策定を担います。
城谷昌彦
理事(M.D.)
メディカルオフィサー/MO
東京医科歯科大学卒(’95)。統合医療/ルークス芦屋クリニック開設(’16)。DML検査/HTEC開発+臨床プロトコル策定/普及を担います。
御川安仁
理事(M.D.)
メディカルオフィサー/MO
岡山大学医学部卒(‘95), 統合医療の集大成...ナチュラルアートクリ ニック開院(‘15)。DML検査/HTEC開発+臨床プロトコル策定/普及を担います。
澁谷仁志
理事(M.D.)
メディカルオフィサー/MO
東京歯科大学卒(‘92), 歯学博士 口腔から全身健康に取り組む/あおい歯科クリニック開院(‘04)。DML歯科領域/HTEC開発+臨床プロトコル策定/普及を担います。
田中利尚
理事(M.D.)
メディカルオフィサー/MO
日本歯科大学生命歯学部卒(‘89), 歯科医師/整体師 統合医療に基づいた最適なかみ合わせを追求/ケテル齒科醫院開院(‘14)。DML歯科領域/HTEC開発+臨床プロトコル策定/普及を担います。
関口祐介
専務理事(事務局長)
マネジメントディレクター/MAD
早稲田大学卒(‘98), 健康食品通販会社副社長後,故・佐藤先生とJANMF設立。事業マネジメント、渉外等を担当します。
吉田 賢
専務理事(事業局長)
マーケティングディレクター/MD
東京大学情報学環(’86), 青山学院BS/MBA(‘95)。コンテンツ・マーケ専門家。JWT, ADK, FRONTAGE等 執行役員就任後, 現職 (‘17)。

お問合せはメールフォームよりお願い致します。別途担当者よりご連絡致します。DML事務局(ティーエイチイーヘルスケア内)
受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ
PAGE TOP